圧縮解凍ソフトとは?Windows向けおすすめのソフト「7-zip」紹介

インターネット上でファイルをダウンロードすると、「圧縮ファイル」のことが多くあります。代表的なものに、zip、rar、lzhなどがあります。

容量が大きかった場合、複数のファイルに分かれていた場合、アップロードやダウンロードに時間がかかってしまうため、圧縮して一つのファイルにしてファイルのサイズを小さくする、メールの添付ファイルとして送るために圧縮する、などといった風に使われます。

ただし、圧縮されたファイルは「解凍」しないと正常に使うことができません。

この記事では圧縮ファイルの解凍方法を紹介します。

zipファイルならWindowsの標準機能だけでも圧縮・解凍できる

↑筆者のパソコンはいろいろインストールされてるので、ごちゃごちゃしてますが、エクスプローラでzipファイルの上で右クリックすると、「すべて展開」というのがでてきます。これをクリックすると

↑このような画面になります。ここで「展開」をクリックすると、解凍(展開)できます。

↑「zipファイル」に圧縮する場合は、圧縮したいファイル・フォルダ上で右クリックから「送る」→「圧縮(zip形式)フォルダー」をクリックすると圧縮することができます。

zipファイル以外にも多くの形式がある

rar、lzh、tar.gz、7z、xzなど、zipファイル以外にもたくさんの圧縮形式があります。圧縮する時はzipだけでも十分かと思いますが、インターネット上からファイルをダウンロードした場合、圧縮形式がzipファイルとは限りません。

 

それらを解凍するために、「圧縮解凍ソフト」をインストールすることをおすすめします。

有料のソフトもあるようですが、無料のもので高機能なソフトが存在しますので、わざわざ買う必要は皆無です。

ここでは、「7-Zip」というソフトを紹介します。

7-Zipのインストール方法

まず、こちらのサイト様から、32bit版か64bit版か自分のOSにあったものをダウンロードし、それを実行します。

すると、↑のような画面になります。特に理由がなければそのまま「Install」をクリックします。

↑たったそれだけで、インストールは終了です。非常に簡単ですね。

7-Zipの使い方

さっきの「xzファイル」ですが、右クリックすると、

↑メニューの中に、「7-Zip」が追加されています。

↑その中にある、「ここに展開」か「(ファイル名)\に展開」で解凍(展開)することができます。

たったこれだけです。圧縮したい時は「圧縮」を選択するだけ。簡単ですね。

まとめ

本当は設定とかしてもいいんですが、しなくてもそのままで十分使えると思います。非常に便利なソフトです。作者さんに感謝。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。では、また。