やたら厳しい”校則”にも意味がある ただし悪い意味で

夏休み明け。地獄のような学校の始まり。某低偏差値高校では服装検査や頭髪検査が行われ・・・。

 

・・・・・・。

 

そんなもん意味不明だ!!というか意味ねえ!!

 

校則。クソ。インターネットで発見した例を上げると

パーマ禁止。「くせ毛届け」提出。承認のサインを生徒手帳に

男子は丸刈り、女子は肩に髪がついてはいけない。

ヘルメットをかぶらずに自転車通学したら自転車没収。通学カバンは前かごではなく、後ろの荷台に専用カバーでくくりつけなければならない

帰宅時、文房具店と図書館以外は立ち寄り禁止

通学は片道40分以上かかるのに、徒歩以外許されず、水分補給もダメ。

髪が濡れても拭いてはダメ。遅刻者の給食は残飯。

手帳や日記を読まれる。

また、筆者の身近なところでは

男子は前髪は眉上、耳に髪の毛がかかってはいけない、女子の髪型は左右対称でなければならない

バイクの免許の取得禁止

バイト禁止

化粧禁止

学校規定のカバンを必ず持っていかなければならない

先生の指示に従わなければ反省文

先生の指示に従わなければ自宅謹慎+大量に反省文等を書かされる

まあ、控えめに言って最悪ですね。

意味無いと思いますね。「先生の指示に従わなければ・・・」のやつとか。独裁者かよ教師。

バイク免許取得禁止とかバイト禁止とか(他のもそうだ)、法律でOKされていることが禁止とか、

法律って一体・・・。

日本の法律における「校則」

学校教育法

第十一条 校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、監督庁の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。但し、体罰を加えることはできない。

引用元:http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317990.htm

「懲戒を加えることができます」って書いてありますが、「体罰を加えることはできない」って、基準が人によって異なりますね。教師の基準で動くことになりますので、教師らは何してもOKってことでしょう。

校則が裁判になったとしても最終的に「大体学校側勝利」みたいになるのはそのためです。

※あくまで個人の推測です

でも、意味はあります。

「上からの命令に無条件に従う脳」を育むのが目的です。

どれだけ最悪でブラックな校則であっても、最終的には「守っとけば何も言われないしとりあえず守ろう・・・。」という考えに至ります。そして、「守っとけばいいんだから、大したことないや。」と。明らかに思考停止ですね。結果、「無条件に」従うようになります。

もっと言うと・・・。

何故「無条件に」従わせたいのか。それは、社畜を養成するためです。

”社畜”とは、

会社に飼い慣らされてしまい、一般的な倫理観を失った者。広義には、経営者ではない、雇用される側を指す。

引用元:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%D2%C3%DC

日本は資本主義です。

9割を超える労働者と1割もいないごくわずかの経営者から構成されています。

経営者にとって、自分の意見に反発されたりすると、仕事の効率が悪くなるため、迷惑です。無条件に従ってもらったほうが、無駄な手間もかからずに済みます。稼げますし。

つまり、洗脳です

学校とは、「国策・会社員、社畜養成洗脳機関」です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

 

ブラック校則をなくそう!プロジェクト

そして今、「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」が立ち上がっております。

理不尽な校則に対し、今こそ声を上げる時です。

ブラック校則をなくそう!プロジェクト

ブログ活動の継続のための、当ブログへの投げ銭(支援)についてはこちら

ブログの購読は下のボタンから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会
たくかいじゅうをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LookingForTime