現役高校一年生で「ITパスポート」に独学で合格したので、勉強方法など紹介!

夏休み、終わっちまった・・・・・・・。と嘆いている管理人で現役高校一年生の者です。そろそろHN決めたほうが良いかな・・・・・・。

たくかいじゅう
たくかいじゅう

たくかいじゅうに決まりました!(^^)v

さて、本題です。現役高校一年生で・・・、

 

ITパスポートに独学で合格しました!

 

といっても、1000点満点中635点ですが汗)合格したことには間違いないです。

ということで、こんなふうに独学しました、ということについて書いていこう、っていう記事です。あくまで僕のやり方です。「この方法で勉強したのに落ちたじゃねえか!」とか言われても、一切責任はとれません。

でも、この方法で、僕は、ITパスポートに「合格」しました。

勉強法って言っても、机に向かってどーたらこーたら・・・・・・・、みたいな勉強らしいことは一切していません。

ただし、一回目受けた時、1000点満点中535点で、見事に落ちました。その時以前の勉強方法から紹介します。

 

そもそも、「ITパスポート」とは

ITパスポート試験(ITパスポートしけん、Information Technology Passport Examination、略称:iパス)は、情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が実施する国家試験である情報処理技術者試験の一区分。

対象者像は「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者」。

2007年12月に発表された新試験制度のスキルレベル1(スキルレベルは1〜4が設定されている)に相当し、2009年春期試験から開始された。試験の実施に関する事務(試験事務)は、独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成センター国家資格・試験部が行っている

引用元:ITパスポート試験 – Wikipedia

とのことです。まあ、はっきり言って、スキルレベル1ですし、大した資格じゃあないです。

先生らはすごい、すごい、難しかったろう、とか言ってきましたが、しっかり勉強すれば普通に取れる。

多分、国家資格の中でも最低難易度かと。合格率50%くらいだし。

 

まず、勉強道具

はっきり言って、参考書とパソコンもしくはスマホだけで十分です。いや、もしかしたら参考書もなくていいかも?

管理人の使った参考書はこちらです。

 

↑かわいい。

漫画とか使ってくれていて、非常にわかりやすい説明となっている参考書です。人によって好みがあると思うので、自分にあった参考書を探してみると良いでしょう。また、年ごとに新しい版がどんどん出るので、最新のものを使うようにしましょう。

で、参考書を読む

とりあえず読みましょう。はっきり言って真面目には読まないでいいです。何が目的かというと、

 

ボリューム把握です。

 

「ふ〜ん、こんなことを理解することになるのか〜。」とか思いながら、適当にパラパラとページをめくっていきましょう。

過去問を解き始める

理由がない限り、問題集は必要なし。

ITパスポート過去問道場←こちらのサイト様を利用しました。作者様に感謝。スマホ表示に対応しているのが何気に便利。

このサイト、過去何年間かの中からランダムで100問出題する「模擬試験」というのがあり、本番に近いのでおすすめです。

ちなみに本番では、CBT方式で、用意されている問題からランダムに出題されます。

ちなみに学校でも過去問解きたい、と思ったのですが、管理人の通う高校では、校則により当たり前のよう「校内でのスマホ利用」が禁止されているため、学校で勉強するときに限り、問題集を使っていました。昼休みとか使えますよ。

 

 

しかし・・・・・・。

申込日から遠い日を試験日にしていたため、見事に勉強サボっていました。

直前の数日間で過去問解きまくって、暗記したりしました。

結果、試験日がやってきて、これですよ。

合格基準点より明らかに下。不合格です。これで白熱して、「絶対受かってやる!!」と思い、運良く一週間後にあいていた受験日に申し込みました。

遠い日を試験日にすると、グダると思われるので、1ヶ月後くらいの受験日に申しこめばいいと思います。ですが、受験会場に空きがない場合も多いと思うので・・・・・・。

難しいですね、そこらへん。

で、本気で過去問解いたものの・・・・・・。

ITパスポート過去問道場で過去問を解くわけですが、

 

全然わからん。

 

暗記して覚えようとするとこうなります。大体の問題がわからなかったですが、題を解いたあとの解説に出てくる用語などをしっかり理解すること、細かな似た用語の名前の違いなどを確認することなどに重点を置きました。

再受験!

思いの外サクサク問題が解け、合格の確信を持ちました。そして・・・・・・、

合格基準点突破!!!合格です!!!700は取れてると思ったのに・・・

ただ、正式な合格発表はまだ先です。合格基準点を超えていれば合格です。の、ハズです。

正式な合格発表のあと、この記事も更新しようかと思います。

2019年6月2日追記:もちろん合格でした!

まとめ

何が言いたいって、高校一年生による独学でもITパスポートは十分合格できるってことです。

ちょ〜簡単な国家資格です。一回落ちたけど。

ただ、管理人はあくまで「合格するため」に勉強してました。役に立たそうとかなんて、一切考えていません。将来のためにとるのであれば、もっと別の方法を使ったほうが良いかも。

ブログ活動の継続のための、当ブログへの投げ銭(支援)についてはこちら

ブログの購読は下のボタンから!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資格
たくかいじゅうをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
LookingForTime