外部メディアをフォーマットできる「SDカードフォーマッター」を紹介!

この記事では、SDカードやUSBメモリなどの外部メディアのフォーマットができる専用ソフト、「SDカードフォーマッター」のダウンロードからインストール方法、使い方まで、簡単に紹介します。

インストーラーのダウンロード方法

まず、公式ページにアクセスします(別タブで開かれます)。

そして、スクロールさせていくと、

画像は公式ページよりキャプチャ

このような部分↑がありますので、 自分のPCにあったほうをクリックします。この記事では、Windowsでの方法を扱っていますので、「Windows用ダウンロード」をクリックしました。

そして開かれるページは、英語でいろいろ書かれたページ。ライセンス条項(かな?)について書かれています。多分。翻訳でもして読んでおきましょう。(読まない人多いようですけど、活字中毒の筆者は翻訳してでも読む、という癖があります。)

画像は公式ページよりキャプチャ

そしてスクロールしていくと、↑の画像部分があります。「同意します。」で、インストーラーの圧縮ファイルがダウンロードされます。

インストール方法

筆者がダウンロードしたときは、「SDCardFormatterv5_WinJP.zip」というファイルがダウンロードされました。見てのとおり、このファイルは圧縮されているので、展開しましょう。

そして展開したら、フォルダが出てきました。「SDCardFormatterv5_WinJP」というフォルダ。その中に、「SD Card Formatter 5.0.1 Setup JP.exe」という実行ファイル(インストーラー)が出てきます。時と場合によって変わるかもだけど。

というわけで、この実行ファイルを実行します。

すると、

こんな画面が出てきますので、少し待ちましょう。

待つと、こんな画面が出てきます。

「次へ」をクリックすると、下のような画面が出てきます。

これは、「使用許諾契約の条項に同意します」の方にチェックをつけると、「次へ」をクリックできるようになります。チェックを付けて、「次へ」をクリックします。

すると、以下の画面が。

インストール先を指定できるようです。変更してもいいかもですが、筆者的にはそのままでOKだったので、そのまま「次へ」をクリックしました。

そして、

この画面が出たら、「インストール」をクリックすると、インストールが始まります。

 

こんな画面が出てきます。一瞬。その後、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出てくるので、「はい」をクリックしましょう。

すると、インストールが始まります。あまりのスピードに、途中のキャプチャを撮れませんでしたw

すぐに起動したい場合は、「プログラムの起動」にチェックをつけたまま「完了」をクリックしましょう。すぐには起動しない場合は、チェックを外してからです。

「SDカードフォーマッター」の使い方

使い方です。まずは、起動します(って、当たり前ですねw)

すると、よくある「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と出てくるので、「はい」をクリックしましょう。

そして、こんな感じののウインドウが出てきます。

SDカードやらUSBメモリやら何もパソコンに接続していない場合は、上のこのような感じになります。

そこで、ちょうどフォーマットしたいUSBメモリがあったので、パソコンに接続しました。BUFFALOの8GBのUSBメモリ。

そして、SDカードフォーマッターのウインドウにある「更新」をクリック。

こんな画面になりました。複数のSDカードやUSBメモリをパソコンに接続している場合は、「カードの選択」の下の部分のドライブリストをクリックすると、どのドライブをフォーマットしたいか選択できます。パソコンが認識しているのに表示されてないときは「更新」をクリックするとOK。

「カード情報」のところには、そのカードの種類や容量の情報などが書かれています(って、見たまんまw)

「フォーマットオプション」には、「クイックフォーマット」と「上書きフォーマット」の他に、「CHSフォーマットサイズ調整」のチェックボックスまでありますね。

よくわからない場合は「クイックフォーマット」のままでOKです。そして「フォーマット」をクリックすると、

上の画像のようなウインドウが出てきます。本当にフォーマットして大丈夫なのか?という確認・警告ですね。「はい」をクリックすると、フォーマットが始まります。

終了です。クイックフォーマット、本当に早い!凄い!

最後に

というわけで、SDカードフォーマッターのダウンロードからインストール方法、使い方まで簡単に紹介してみました。役立ったなら幸いです。

そして、これは筆者的には次回の記事に役立ちます(宣伝してみる)

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。では、また。