Windows7サポート終了まで時間がない!そのままで大丈夫?対策方法は?

Windows7のサポートは2020年、「まだ時間がある」なんて、思っていませんか?

2020年と言っても、1月14日です。あと2年を切っています。あと2年を切っています。

大事なことなので二度言いました。やばいです。

サポート期間はいつまで?

マイクロソフトの公式ページによると、Windowsのサポート終了日は以下の通りです。

マイクロソフト

ご存じですか?OSにはサポート期限があります! – Microsoft atLifeより

そして、Windows7のサポート終了は2020年1月14日とのことです。

東京オリンピック時には終わってるようです…。

サポートが終わるとどうなる?

サポートが終わると、更新プログラムは全く来なくなります。

僕のある友達は「よっしゃ!あの煩わしくて時間かかる更新ともおさらばできるんだ!

サポート終了、いいじゃん!」的なこと言ってましたが、更新プログラムが来なくなるのは、ものすごく危険です。

プログラムには、放っておくとウイルスなどでやばいことになる不具合や脆弱性がほぼ確実に存在します

Windows7にも、そういったものは多くあるはずです。そしてそれを見つけては、更新プログラムで潰していったわけです。

しかし、更新プログラムが来なくなるとどうでしょう?不具合や脆弱性が見つかったとしても、そのままです。そこに、悪い人間が目をつけます

個人情報が・・・・・・

例えば、マルウェアに感染すると、ユーザーがどんな内容を入力したりするのか監視されたりするかもしれません。そして・・・、

「ふむふむ、**って奴のYahoo!JAPANのIDは***、パスワードは***、Googleは***、Amazonは***、クレジットカード・・・」

ひいいっ、想像するだけで恐ろしいっ

「いらっしゃい!この個人情報は***ドルですぜ!!」

↑こんな事も実際にあるらしいです(恐怖)

ほかにも・・・

数えきれないほどあります。遠隔操作されたり、踏み台にして、不正なことをされたり・・・。データを破壊されたり・・・。

ヤバイ、めっちゃ怖い(震え声)

で、どうする?

Windows7のままにしておくのは非常に危険です。

そこで、対策方法についてまとめてみました。

Windows10にする

Windows10はしばらくサポートが続くので、セキュリュティ的にも安心できます。Windows7で動作した多くのソフトが動きますが、もちろん動かないソフトも存在します。

今まで使っていたWindows7パソコンをアップデートする方法と新しく買い換える方法があります。

Windows7パソコンをアップデートする方法は、「一度無償アップデートしたパソコンをWindows7に戻した」場合は再度無償でWindows10にすることが可能だそうです。

しかし、無償アップデートしていなかったパソコンでは有料で購入してアップデートする必要があります。んで、気になるお値段ですが非常に高いです。いつかは無料だったのに1万円超え。う〜ん。

しかも、アップデートする場合、今まで使っていた古いパソコンを再利用することになるため、パソコン自体のサポートや寿命、動作速度などが心配です。

 

というわけで、個人的にはWindowsに乗り換えるならパソコンごと買い換えてしまうのがおすすめです。

パソコン自体のサポートも新しく受けられるでしょうし、寿命も新品だから心配なし。動作速度は高スペックなものを買っときゃ問題なし。

MacOSを買うのもアリかも。

ただ、Webページ閲覧や動画・音楽視聴くらいにしかパソコンは使っていない、Windowsじゃなくていいといった場合は、高いお金を払わないでも、無料OS(後述)で、お金をかけない方法もあります。

そもそも筆者はWindows10は使いにくいと思っています。

 

放っとく

これ、超危険ですっ って、さっき言ったとおりです。

ノーガード戦法。未だにWindowsXPを使い続けている人がいるのと同じように、危険なんか関係なく使い続けてしまおうっていうことです。

Windows7のサポートが終了すると、セキュリュティソフトも(多分)サポート終了しますので、なんとか、安全に使おうと思ったら・・・。

インターネット接続を切り、USBやSDカードも一切使わないようにし、外部との接続は完全に遮断。文章書いたりだけに使おう、とか。意外と悪くない・・・?

無料OSを使う

パソコンではインターネット閲覧・動画閲覧・音楽視聴くらいしかしていない、といった場合は、無料で使えるOSLinuxディストリビューションをおすすめします

Windowsでゲームをしてる、といった場合は動かなくなるので、買い替えをおすすめします。

Windowsと同じように、インターネットや動画閲覧など様々なことができます。

Windowsと共通のソフト(VLC media player、Google Chromeなど)が多くある他、 Microsoft Office(WordやExcelなど)の代わりのソフトのLibreOfficeというのもあり、なかなか便利です。セキュリティ的にも、世の中のマルウェア(ウイルス)のほとんどがWindows向けに作られているため、Linuxディストリビューションは比較的安全です。(それでもごくわずかにマルウェアは存在するようです。)

一口にLinuxディストリビューションと言っても、たくさん種類があります。例えば・・・。

Ubuntu , Debian GNU/Linux , Linux mint , CentOS , Lubuntu , linuxbean ,  ・・・。

というふうに、あげていくときりがありません。中でもUbuntuは人気で、Linux mintなど、Ubuntuを改造して作られたOSも多くあります。

それぞれに特徴がありますので、自分にあったものを探すといいと思います。それらに関しては、今後記事に書いていこうと思います。

まとめ

・Windows7のサポート終了は、そのままにしておくと危険!

・Windows10にするか無料OSにするかがおすすめ!